編み編みカフェ

かぎ針編みと手作りお菓子の日記
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

編み方がわからない時

よくわかる編目記号ブック―かぎ針あみ107 (ヴォーグ基礎シリーズ)よくわかる編目記号ブック―かぎ針あみ107 (ヴォーグ基礎シリーズ)
(1993/09)
不明

商品詳細を見る


かぎ針編みをするのによく使うのは、鎖編み、細編み、長編み、引き抜き編み。
これだけで大抵のものは編むことが出来ます。
少しレベルアップしてモチーフ編みに挑戦すると、玉編みとかパプコーン編みなども出てきます。
少し前まで、編み目記号を見ただけでは、玉編みなのかパプコーン編みなのかの区別が出来なくて(調べればよかったのですが・・・)パプコーン編みも玉編みで編んでいました。
編み図だけ見たのでは、特別差がないけど、仕上がりは全然違うんです。
パプコーン編みだと立体感が出るんですよね。

編み図を見てもわからないとき、こうだったかな?と少し不安になったときは、この本を見るのがオススメです。
【 2009/05/24 (Sun) 】 かぎ針編み | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。