編み編みカフェ

かぎ針編みと手作りお菓子の日記
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆたんぽカバー(途中経過)

ゆたんぽ3

ゆたんぽカバーがだいぶ出来てきました。あと3分の1くらいで完成です。

この1週間、娘の発熱で病院通いしてまして、編み編みはなかなか進まず。
春日部は、肝心の市立病院がきちんと機能しておらず、夜中に救急で診てもらうとしたら、越谷市立病院を紹介されます。
我が家は、いつも県外の野田市まで行くのですが、野田の小張総合病院は電話せずに行って診てもらうことができます。
今回も、夜中に40度近くまで上がってしまい、嘔吐も繰り返したので診てもらいました。
帰りに気がついたのですが、駐車場にプレハブが建っていて、よく見ると、「発熱外来」という看板が出ていました。
これからの季節、季節性のインフルエンザも新型インフルエンザも大流行が予測されるので、それを見越してこういった対策をとっている自治体には感心します。
こんなことは当たり前なのかもしれませんが、春日部市と比べてしまうと、すごいなあと思ってしまいます。
子育て日本一を掲げている春日部市。市で運営している病院が上手く機能しないのであれば民間に委託するなり、あるいは市立病院を閉鎖して民間の総合病院に補助金を出し救急指定にするとか、子供に対する医療をもっと何とかしてほしいです。
以前、救急隊員(救急車)の方の話でも、市立病院と秀和総合病院が受け入れてもらえなかったら、越谷に行くか野田に行くと言ってました。

娘は、後日検査したらインフルエンザでした。
もう熱も下がり、体調も回復したので、編み編みの続きを始めたいと思います。
【 2009/11/13 (Fri) 】 かぎ針編み | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。